ネットカジノは詐欺なのか?

怪しいネットカジノ

怪しいネットカジノを信じられるか?

「オンライン」も「カジノ」もどちらも日本人からすると、あまり信用できる言葉ではありません。
その2つが組み合わされている「ネットカジノ」。はたして詐欺やイカサマはないのでしょうか?
遊んでみたら「実は詐欺でした」ということになればそれまで賭けたお金は還ってきません。現物がまったく何もないオンラインでのやりとりになるため、不安に感じるのもうなずけます。
しかし実は、ネットカジノは(大手のカジノであれば)そのような詐欺やイカサマを心配する必要はほとんどないのです。

国が詐欺に加担するはずがない?

日本の法律では、国営のギャンブル以外は禁止されています。国営のギャンブルとは、競馬や競輪、競艇、宝くじなどです。
ネットカジノは、その中に入っていませんので、日本国内にいながら、日本国内のサーバーを使用したネットカジノをしてしまうと、それは当然違法となります。
しかし、ほとんどのネットカジノは、サーバーを「カジノを国営にしている国」に置いています。そのため、日本国内にいても、実質海外でプレイしている形になるため、実質はグレー(法律が追い付いていない)ですが、問題なく遊ぶことは可能です。
さて、カジノが国営であるということは、ネットカジノも例外ではありません。国が、第三者機関を組織して、運営が公平であるか、問題がないかを審査します。その審査に通ったカジノだかが、ネットカジノとしてオープンすることを許されるのです。
もし、国が認可したギャンブルでイカサマが行われてしまえば、その国自体の信頼が失墜してしまうので、その審査は非常に厳しいそうです。

詐欺

一定期間ごとの審査も

さらに、一定期間ごとにネットカジノは第三者機関による審査を受けます。この審査の結果は公表され、運営がクリーンなカジノでなければ、国からのライセンスを剥奪されてしまいます。逆に、監査の結果「ゲームが公平におこなわれている」ということが分かれば、その結果を見た人がそのカジノでプレイするようになります。
結局、そこで高い還元率を出したカジノに人が集まりますので、逆に、もしイカサマをしてお客さんが負け続ければ、還元率は下がり、その還元率が公表されれば「勝てないカジノだ」と思われてお客さんは離れてしまうでしょう。
長期的な視点に立って考えれば、どちらが得かはわかりきっていますよね。
このような理由で、ネットカジノでは詐欺のような行為を心配する必要はほとんど無いのです。